工場・製造業の期間工(期間従業員)におすすめ!口コミで人気の人材派遣会社ランキングを紹介します。

知っておきたい!期間工として働くメリットとデメリットとは

公開日:2021/11/15  最終更新日:2023/07/05

みなさんは期間工にどのようなイメージをお持ちでしょうか。「不安定な仕事」「単純なライン作業」など、人により思い浮かぶ内容はさまざまでしょう。デメリットを強くイメージする人もいるかもしれませんが、期間工にはメリットも多いです。この記事では、期間工として働こうと考える人に向け、期間工のメリットとデメリットをご紹介します。

期間工として働くメリット

期間工にはどのようなメリットがあるのか、こちらで解説します。

基本給が高い

期間工の一番のメリットに、基本給が高い点が挙げられます。企業により差はありますが、月給30万円を超えるメーカーも多いです。

期間工は正社員ではなく契約社員ですから、福利厚生に不安を感じる人もいるでしょう。しかし、勤務する日数や時間が条件に当てはまっていれば、社会保険に加入することもできます。企業の社会保険に加入ができる月給の高い期間工は、収入面でのメリットが高いといえます。

一時金が豊富

基本給に加え一時金が出るケースが多いのも期間工のメリットです。一時金の種類には、入社祝い金や満了金、皆勤手当などがあります。

入社祝い金は入社時に支給される一時金です。企業により10万~40万円程度のケースが多く、入社するだけでまとまったお金が手に入るので注目してみましょう。

また、満了金や満了一時金という、決められた期間働き続けると支給されるお金もあります。さらに満了金以外にも、1年ごとや契約満了時にもらえる満了慰労金や皆勤手当も魅力でしょう。

期間工は最長で同じ企業に211か月しか勤められません。しかし、その2年11か月の期間しっかり勤めあげると、最後に150~200万円程度のお金が支給されるケースも多いです。このように、毎月の給料以外にもらえる一時金が豊富な点も期間工のメリットといえます。

寮や食堂がある

大抵の企業では、期間工で働く人に対し無料もしくは低賃料で寮を用意しています。高収入で寮完備となれば、一般的な会社に勤める正社員より貯蓄がしやすくなるでしょう。

自宅から離れた職場でも寮があれば安心して就職できますから、就職先の選択肢も広がります。遠方でも寮に住み込みで働くことができ、短期間で多くの貯金ができる点も、期間工にとってのメリットといえるのです。

未経験でも大手メーカーに就職できる

期間工の求人には、年齢や経歴不問のものも多いです。そのため期間工で働く人の年代は2050代までさまざま。採用のハードルが低いため、希望していた大手自動車メーカーなどにも直雇用で入社ができます。

また、期間工として仕事を覚え実力をしめすことができれば、大手自動車メーカーにそのまま正社員登用される可能性もあるでしょう。そのため、大手自動車メーカーの期間工求人は常に人気が高いです。将来的に正社員登用を狙う人には期間工がおすすめといえます。

期間工として働くデメリット

期間工として働く際にはメリットだけでなくデメリットもあります。こちらでデメリットを解説します。

単調で力仕事が多い

期間工の仕事はライン作業がほとんどです。作業内容は単調で体力を必要となるケースもありますから、仕事内容に苦痛を感じる人にとってはデメリットといえます。単純作業の連続は疲労も溜まりやすく飽きもきます

ライン作業ですから自分のペースで休憩を挟むこともできません。仕事内容に慣れるまではつらく感じるケースが多い点が、期間工のデメリットの1つといえます。

配属先が選べず夜勤もある

期間工の仕事は配属先によって千差万別です。期間工は自分で配属先を選べません。同じ企業に入社しても、簡単なライン作業を受け持つ人と重労働をする人までさまざまです。配属先によっては毎日残業が必要になる場合もありますから、不平等さを感じることもあるでしょう。

さらに日勤と夜勤の2交代制を導入している企業も多いです。1週間単位で日勤と夜勤が変わる企業もあり、生活リズムを整えるのに苦労する人もいます。

同じ会社に長期間勤められない

期間工として同じ職場で働けるのは最長で2年11か月です。これは労働基準法により定められており、覆ることはありません。正社員になれる可能性もゼロではありませんが、211か月が経過し退職を余儀なくされた場合、再び自分に合った職場を探さなければいけないのです。将来の不安を感じやすい人にはデメリットといえるでしょう。

自信がなければ短期間の求人もある

期間工の経験がなく、長く勤められるか自信のない人もいるでしょう。そこでおすすめなのが、初回の契約期間が3~6か月の大手自動車メーカーです。

初回の契約期間はメーカーごとに定められており、最短3か月ないし6か月の契約からスタートできる企業もあります。こういった企業であれば、仕事の内容や職場環境を見極めることができますから、期間工という働き方に自信がない人におすすめです。

契約途中での退職は今後の仕事探しにも影響を及ぼす可能性があります。「3か月だけ」「6か月だけ」と期間が決まっていれば、楽な気持ちで仕事ができるのです。

 

この記事では、期間工として働くメリット・デメリットを解説してきました。期間工に自信がない人も、短期間の求人があるとわかればチャレンジする気持ちが湧いてくるのではないでしょうか。

短期間で高収入を得たい人や寮生活を希望している人にとって、期間工はメリットの多い働き方といえます。仕事内容や夜勤などに抵抗のない人は、試してみることをおすすめします。

おすすめ関連記事

サイト内検索

新着記事

期間工という働き方は、短期間で稼げることから人気があります。雇用期間は数か月から1年という単位で区切られており、商品の一時的な増産や納期が短い生産に対応するために募集しているケースがほとんど
続きを読む
世の中にはさまざまな働き方があり、正社員以外にも契約社員、派遣社員、アルバイトやパートなどがあります。働いていると何らかの方法で税金が徴収されますが、期間工という一定期間雇用される働き方の場
続きを読む
ホンダ期間工の仕事が気になるけれど、おすすめできる求人なのかと気になる人もいらっしゃるかと思います。そこで本記事ではそんなお悩みを払拭すべく、ホンダ期間工の給料や寮生活、面接について解説しま
続きを読む
期間工コラム