工場・製造業の期間工(期間従業員)におすすめ!口コミで人気の人材派遣会社ランキングを紹介します。

期間工とはどのような働き方?アルバイトとの違いを解説!

公開日:2022/12/15  最終更新日:2022/12/16

期間工とはどのような働き方?
期間工は働く期間が決まっていて、主に自動車や電子部品メーカーの工場で募集しています。専門知識や経験がなくても採用されやすく一定の期間で高収入が得られることで人気がありますが、アルバイトとはどのように違うのでしょうか。当記事では、期間工の働き方をアルバイトと比較しながら解説して、期間工が稼げる理由も紹介します。

期間工は契約社員の一種

期間工は契約社員と同じように働く期間が決まっています。契約更新の場合でも最長2年11か月で契約終了になることが多いです。しかし、期間工の待遇は正社員並みで、アルバイトと比べると好条件といえるでしょう。

期間工は契約期間のほかは正社員と同じ

期間工は働く期間が決まっていますが正社員並みの待遇が受けられます。勤務時間や休日があらかじめ決まっていて正社員と同じように働きますが、給与水準は正社員並みなのでアルバイトより高収入です。

社会保険への加入や社員寮や食堂の利用、食費補助などの福利厚生の面で正社員と区別されることはありません。研修や資格取得サポートなどの教育制度も正社員と同等に受けられるので、キャリアアップにつながります。

正社員登用の道もある

期間工は最長の契約期間はあるものの、一定期間働いた後は正社員への登用の可能性もあります。期間工で働いた後の選択肢として正社員を目指すことも可能です。

期間工とアルバイトの違い

期間工とアルバイトの違いは主に3つです。期間工は、福利厚生や待遇が充実している分、働く時間を自由に選べません。ここでは期間工とアルバイトの3つの違いを詳しく紹介します。

期間工は働く時間が選べない

期間工はアルバイトと比べると時間の自由度がありません。期間工の働き方は正社員と同じで、会社の就業規則通りにフルタイムで働きます。

会社の形態により夜勤を含むシフト制も多いです。働く時間や休日はあらかじめ決まっているので、時間的には制約されます。

一方、アルバイトは希望する曜日や時間を決めて働けるので時間の調整がしやすいです。期間工は、アルバイトと比べると勤務時間の自由度がない働き方といえるでしょう。

期間工の業種は限定的

期間工は、一般的に製造業の工場で募集している形態の働き方で、業種が限られます。アルバイトの場合は、募集している業種はさまざまです。

製造業で働きたいなら期間工がマッチしますが、製造業以外が希望ならアルバイトの方が仕事を見つけやすいでしょう。

期間工には社員寮がある

期間工の場合、社員寮が用意されています。期間工は製造業の工場勤務が多いので、生活が困らないように会社が住むところを準備するからです。

住むところは都会と比べると不便になりますが、社員寮があるので安心して生活できます。アルバイトの場合、働くために社員寮が用意されていることはありません。期間工は、アルバイトとは違って、社員寮があるので住み込みで働けます。

期間工は短期間で稼げる

期間工はアルバイトと比べると短期間で稼げます。給与水準が高く、契約期間満了時にまとまった金額の手当がもらえ、生活費も節約できるからです。期間工が短期間で3つの理由を詳しく紹介します。

給与水準が社員並み

期間工は、有期の契約社員とはいえ給与水準は正社員と同等です。夜勤シフトがあることも多く体力が必要ですが、かわりに夜勤手当が支給されます。

残業すれば残業した分の手当もつきます。ベース給与に夜勤手当や残業手当などを含めると高収入です。時間給のアルバイト場合は1か月フルタイムで働いても正社員と同レベルを稼ぐことは難しいですが、期間工は給与水準が高いので短期間で稼げます。

契約満了時の手当がある

期間工は、契約を満了した時に満了一時金が支給されます。アルバイトでは契約終了時に一時金が支給されることはありません。

満了一時金は、契約期間が長くなるほど高くなります。契約をどこまで更新するかで金額は変わりますが、契約期間を満了すれば支給される手当です。

ある程度まとまった金額なので、短期間で稼げる理由の一つです。ただし、契約途中で退職するともらえない手当なので、契約期間終了まできちんと働くことが重要です。

社員寮や食費補助で生活費が節約できる

期間工は、社員寮に入れるので生活費が抑えられます。寮費だけでなく光熱費も会社が負担してくれるケースも多いです。食事も、工場や寮の食堂が利用できたり食費補助があったりと助かります。

家賃や食費などの生活費が節約できる分、早くお金がたまります。アルバイトには社員寮や食事補助はありません。期間工なら低コストで生活できるので、短期間に稼げます

まとめ

期間工は主に製造業の工場で募集している形態で、有期契約であること以外は正社員と同じです。給与水準や社会保険、福利厚生、研修などの待遇は正社員並みで、正社員への登用の道もあります。

アルバイトと比較すると、募集の業種と場所が限定され、働く時間も自由にならないことはデメリットです。しかし、短期間で稼ぎたいなら期間工にメリットがあります。

夜勤手当なども含めて給与水準が高く、契約満了時には満了一時金が支給され、社員寮の利用や食事補助で生活費もセーブできるので、お金がたまりやすいからです。

短期で稼ぐことを重視するなら、アルバイトよりも期間工が有利になります。契約条件を比較して、自分に合った期間工を見つけましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索

新着記事

期間工という働き方は、短期間で稼げることから人気があります。雇用期間は数か月から1年という単位で区切られており、商品の一時的な増産や納期が短い生産に対応するために募集しているケースがほとんど
続きを読む
期間工とは、短期間のみ特定の工場で働くのことを指しており、賃金が高いのが特徴です。その一方で、期間工をしている傍らで副業はできるのでしょうか?今回は、期間工は副業できるのかという点のほか、お
続きを読む
期間工は、給料が高いことが特長として挙げられます。給料以外にも、入社すると祝い金や期間満了金などが貰えるという大きなメリットがあるのも注目すべき点です。それ以外の特徴として、期間工は寮生活と
続きを読む
期間工コラム