工場・製造業の期間工(期間従業員)におすすめ!口コミで人気の人材派遣会社ランキングを紹介します。

クボタ期間工でおすすめの人材派遣会社3選

公開日:2024/06/19   最終更新日:2024/07/10

クボタ3選

クボタの期間工として働くなら、人材派遣会社の活用がおすすめです。優良な人材派遣会社は高収入な求人を多数取り扱っているほか、あなたのスキルアップをサポートしてくれます。

ここでは、クボタ期間工におすすめの人材派遣会社を3社厳選しました。人間性を重視した採用をおこなう「Man to Man」、充実した支援制度が整っている「日総工産」、幅広い求人を取り扱う「アウトソーシング」の特徴について詳しく解説していきます。

Man to Man

マントゥーマン

会社名 Man to Man
住所 〒460-0007 愛知県名古屋市中区新栄1丁目7番7号RTセンターステージビル
電話番号 0120-106-218

Man to Manは製造業や工場の求人に特化した人材派遣会社です。東海地方を中心に全国で事業を展開しており、幅広い求人情報を保有しています。

人間性を重視した採用をおこなっている

Man to Manは、人材採用において人間性をもっとも重視しています。学歴や職歴よりも、人柄や仕事への意欲を大切にしているのが特徴です

仮にアルバイトの経験しかない方でも、前向きな姿勢と熱意があれば採用される可能性が高くなります。また、一人ひとりの個性や強みを活かせる職場環境づくりを目指していることもあって、社員の成長をサポートしてくれる点が魅力です。

人間性重視の採用方針は社員同士の信頼関係が築きやすく、働きやすい職場環境が整っています。また、大手企業と契約を結んでいるため、通常では入社が難しい大企業で働けるチャンスもあります。

独自の保険制度を導入している

Man to Manでは社員の福利厚生の一環として、独自の保険制度「Man to Manグループ共済会」を導入しています。

この共済会はMan to Manで働くすべての社員が加入資格を持っており、月々1,000円の掛け金でさまざまな保障を受けられます。掛金は給与天引きで支払われるため、手間もかかりません。

共済会の主な保障内容は、慶弔一時金の支給をはじめ、ロードアシスタンスサービス、ライフサポートサービスなどです。

慶弔一時金は結婚や出産、傷病などのライフイベントに際して支給されます。ロードアシスタンスサービスは、車のトラブルの際に24時間365日利用できる安心のサービスです。ライフサポートサービスは、法律相談や医療相談など、生活に関するさまざまな問題をサポートしてくれます。

働き方を選べる

Man to Manでは、一般労働者派遣・特定労働者派遣・紹介予定派遣の3つの働き方から自由に選べます。

一般労働者派遣はいわゆる登録型派遣で、Man to Manと雇用契約を結び、派遣先企業で働く形態です。勤務地や就業時間、期間などを自由に選べるため、ライフスタイルに合わせた働き方ができます

特定労働者派遣はMan to Manが雇用する社員を派遣先企業に派遣する制度で、正社員雇用のため、安定しているのが特徴です。派遣先での契約終了後も雇用契約は継続され、仕事の有無に関わらず給与が支払われます。

紹介予定派遣は、派遣先企業での正社員雇用を前提とした派遣です。最長6ヶ月間、派遣先企業で働きながら、双方の意思と条件が合えば正式な入社となります。派遣期間中に職場環境を知ることができ、入社後のミスマッチを防げる点がメリットです。

日総工産

日産

会社名 日総工産
住所 〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜1丁目4番1号 日総工産新横浜ビル
電話番号 045-476-4121

日総工産は製造業に特化した人材派遣サービスを提供している会社です。自動車や電子部品、食品など幅広い分野の製造業務に対応しており、全国各地に拠点を構えています。

さまざまな支援を受けられる

日総工産は社員一人ひとりのキャリア形成をサポートするため、さまざまな支援制度を用意しています。なかでも代表的なのが、Various Support(ベアーサポート)制度です。

Various Support(ベアーサポート)制度では、資格取得や語学学習、通信教育など、社員の自己啓発を支援しています。社員は自分のキャリアプランに合わせて必要な支援を受けられます。たとえば、フォークリフトの資格取得を目指す社員には講習費用の補助や勤務時間の調整など、さまざまな支援をおこないます。

また、社員の健康管理にも力を入れています。定期健康診断はもちろん、メンタルヘルスケアにも注力しており、カウンセリングの実施や専門家による講習会の開催など、社員のメンタルヘルス対策を推進しているのが特徴です。

さらに社宅制度や家賃補助制度、社員寮の完備など、生活面でのサポートも充実しています。

高収入な求人が多い

日総工産は高収入な求人を多数取り扱っています。月収30万円以上の求人も珍しくなく、経験や能力に応じて高い収入を得られます。とくに自動車関連の製造業務は高収入な求人が多く、月収40万円以上の求人もあります。

また、頑張った分だけ収入に反映される評価制度を採用しているのも特徴です。業績や能力に応じてボーナスが支給されるため、モチベーションを高く保ちながら仕事に取り組めるでしょう。

さらに各種手当も充実しています。残業手当はもちろん、深夜手当や休日出勤手当、労働時間に応じた手当、通勤手当、家族手当、職務手当など、生活を支援するさまざまな手当も用意されています。

研修制度が充実している

日総工産は製造業務の未経験者でも安心して働けるよう、充実した研修制度を用意しています。入社前には製造業務の基礎知識や安全教育などを学ぶ事前研修を実施し、社会人としてのマナーやビジネスコミュニケーションのスキルを身につけられます。

入社後はOJT(On the Job Training)研修を通じて、実際の業務に必要なスキルを習得していきます。先輩社員が丁寧に指導するため、未経験者でも着実にスキルアップを図れるでしょう。

また、OFF-JT(Off the Job Training)研修も定期的に実施しています。業務に直接関連する専門スキルを学ぶ研修や、リーダーシップやマネジメントスキルを磨く研修など、社員の成長段階に合わせた研修プログラムからスキルアップを向上させることも可能です。

アウトソーシング

アウトソーシング

会社名 アウトソーシング
住所 〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-8-3 丸の内トラストタワー本館19F

アウトソーシングは、製造業務を中心とした人材派遣サービスを提供している会社です。自動車や電子機器、食品、化粧品など、幅広い業界の製造業務に対応しており、全国各地に拠点を置いています。

さまざまな求人がある

アウトソーシングは、製造業務を中心とした幅広い求人情報を取り扱っています。たとえば、自動車業界では大手メーカーの工場での組立や検査、物流など、さまざまな工程の求人があります

クボタ期間工としての求人も用意されているので、経験や能力、希望に合わせて最適な求人を紹介してもらいましょう。また、未経験者歓迎の求人も多数あります。製造業界に興味がある方にとっては、チャレンジしやすい環境が整っているといえるでしょう。

待遇が充実している

アウトソーシングは社員の待遇面で高い評価を得ています。社会保険に関しては、健康保険や厚生年金保険、雇用保険、労災保険など、必要な保険に加入できます。

また、有給休暇の取得が推奨されています。法定どおりの有給休暇が付与されるだけでなく、取得しやすい環境が整えられているので安心です

各種手当も充実しており、交通費の支給はもちろん、残業手当や深夜手当、休日出勤手当など、働いた分だけ正当に評価される仕組みが整っています。

サポートが献身的

アウトソーシングでは社員一人ひとりに専任のコーディネーターがつき、手厚いサポートを提供しています。コーディネーターは仕事の悩みや不安、生活面での困りごとなど、社員の様々な相談に乗ってくれるので安心です。

たとえば、業務内容や職場の人間関係に不安を感じている場合は、コーディネーターが相談に乗り、解決策を一緒に考えてくれます。住居の手配や引越しの際には、コーディネーターがサポートしてくれるため、スムーズに新生活をスタートさせられます

社員に寄り添った献身的なサポートは、アウトソーシングの大きな魅力のひとつといえるでしょう。

まとめ

クボタの期間工でおすすめの人材派遣会社は、Man to Man、日総工産、アウトソーシングの3社です。まずは各社のWebサイトや求人情報をチェックし、具体的な仕事内容や働き方をイメージしてみましょう。

そのうえで気になる会社があれば、積極的に応募・相談してみることをおすすめします。期間工としてステップアップしたい方は、ぜひ活用を検討してみてください。

おすすめ関連記事

サイト内検索

新着記事

クボタの期間工として働くなら、人材派遣会社の活用がおすすめです。優良な人材派遣会社は高収入な求人を多数取り扱っているほか、あなたのスキルアップをサポートしてくれます。 ここでは、クボタ期間工
続きを読む
今回は、期間工の求人情報の見方や、注目すべきチェックポイントについて紹介します。期間工は、一般的なアルバイトなどと比較して高収入が期待できます。主に製造工場での仕事が多いですが、実際にどのよ
続きを読む
「デンソーで期間工として働いてみたい」 「期間工は人材派遣会社を経由した方がよいのか」 このようにお考えではないですか。 期間工には、直接応募と人材派遣会社経由での応募があります。期間工とし
続きを読む