工場・製造業の期間工(期間従業員)におすすめ!口コミで人気の人材派遣会社ランキングを紹介します。

期間工の働く環境は?人間関係のストレスを感じることは多いのか解説

公開日:2022/03/15   最終更新日:2024/06/21


はたらく期間が決められている契約社員のことを「期間工(期間従業員)」と呼びます。工場の生産が活発化する時期に募集が多くなるので、給料の高さや待遇のよさから興味を持つ方も多いのではないでしょうか。今回は期間工の労働環境と人間関係によるストレスに焦点をあて、どのような傾向にあるのか解説します。

期間工の職場環境

期間工が活躍する現場として、自動車メーカー、部品メーカー、食品メーカー、家電メーカーなどが代表的です。立地は東京や大阪などの都市部よりも、広い土地のある地方など郊外にあることが多いです。期間工と一口でいっても職場によって待遇は異なるため、一般的な期間工の職場環境を知る上での目安として参照ください。

■企業が用意した寮を住居にできる

多くの工場では寮が用意されています。工場寮の寮費は職場により異なりますが、食費や光熱費込みで数千円~4万円の寮が一般的です。工場によっては相部屋になったり、風呂・トイレ共用だったり、ワンルーム個室完備だったり、同じ職場でも「当たり」と「はずれ」の寮があります。ネット環境がない寮も存在するため、この場合には自分で通信機器を揃えたり、スマートフォンで我慢したりする、なんてこともあるようです。

工場寮には寮費が無料なものもありますが、光熱費が自己負担だったり、設備が古くて快適さに欠けたりする場合もあるので、寮に入る前に細部を確認すると無難です。会社の寮に入ると、通勤が楽になったり、生活費が安く済んだり、料理の手間が省けるなどのメリットがあります。寮には生活必需品が最低限度揃ってはいますが、普段使い慣れたものやこだわりのあるアイテムがあれば心強いものです。

洗面用具、ドライヤー、歯ブラシ、髭剃り、食器、服や下着、ハンガー、仕事以外で履く靴(サンダルやスリッパ)、タオル、耳かき、爪切り、傘、電源タップなどがあれば快適に過ごせます。あまり多くのものを持ち込むと管理や退去のときに大変なので、持ち込むアイテムはスーツケース1個分程度を目安にして、必要なものが増えた時に買い足すスタイルがおすすめです。

■社会保険に加入できる

期間工として働く場合に、社会保険の有無は気になる要素のひとつです。工場での作業はとくに体が資本となるため、いざというときの保証は重要です。期間工は3か月以上の雇用の場合は社会保険の加入条件が適用され、雇用保険、労災保険、健康保険へも加入できます。

人材紹介サービスなどを介して勤務する場合には、工場(勤務先)の健康保険へは加入できず、紹介企業の健康保険に加入することになります。また、求人広告に健康保険などの待遇が記載されていない場合には、応募時に確認しておくことがおすすめです。

■労働時間は交代制

工場では製造ラインを止めずに作業できるよう、昼夜交代制が採用されています。期間工の勤務形態で一番多いのが、52休のシフトです。これは、土日を挟んで日勤と夜勤(早番、遅番)が切り替わり、5日連続で働いた後2日休むスタイルです。工場によって2交替制、3交替制が決まっているおり、シフトは選べません。

シフト制の勤務は生活リズムの逆転を繰り返すため精神的にも肉体的にもハードですが、1か月程度で慣れるという意見が多く見られます。「夜勤のみ」「日勤のみ」の期間工もあるので「夜勤はつらい」「夜型なので、深夜手当のもらえる夜勤専門がいい」など体質に合わせ、勤務時間で選択するのもひとつの手です。

期間工の人間関係とは

期間工の仕事期間は限定されています。他の雇用方法の場合と比べて「この先円滑に仕事を進めるためにも、良好な人間関係を築かなくてはならない」というプレッシャーはありません。期間工の職場での人間関係は主に「期間工同士の人間関係」「期間工と正社員との人間関係」にわかれます。期間工同士は一日の大半を同じメンバーで過ごすため、比較的仲がよい企業が多いです。

一方で、期間工と正社員の人間関係は接点が少なく、希薄になりがちです。期間工の仕事内容はライン作業が主なため、周囲の人間とのコミュニケーションや人間関係は不要となります。この希薄な人間関係に魅力を感じて期間工を選んだ人にとっては問題ありませんが、ひとりぼっちが寂しいと感じる人などは、寮や休憩時間などを利用して適度にコミュニケーションをとり気分転換するとよいでしょう。

期間工に限らずどのような団体でも同じですが、人間関係は個人の価値観や、相手との相性があるため、たった一人の人間の存在でそのコミュニティが自分にとって不快なものに変わる可能性もあります。苦手なタイプの人間とは極力距離をとるなど、自分にできる対処方法をとり、ストレスを受けずに済むように過ごしましょう。

ストレスが多くても期間工がおすすめな理由

期間工は「体力的にきつい」「精神的につらい」「単純作業で飽きる」「工場の環境がつらい」などネガティブな意見が多く、いまひとつ人気がありません。人材の確保が難しいゆえに基本給が高く、お祝い金や契約満了時にボーナスが支給されるなど、稼ぎたい人にとってはとても魅力的です。

また、大手企業や優良企業と直接雇用関係を結んで働けるのも嬉しいポイントです。興味のある分野であれば、業務の一端を担えるのは精神的な充足感も得られます。狭い門ながら、期間工から正社員登用に積極的なメーカーもあるので、興味がある人にはおすすめです。

 

今回は期間工が働く環境や、人間関係で受けるストレスについて解説しました。期間工でも3か月以上の契約であれば社会保険に加入可能です。また、ほとんどの企業が工場寮を用意しているので、利用することで生活費を節約できます。期間工の仕事はライン作業が主となるため、ほとんどの場合において人間関係が希薄です。孤独に弱い人はストレスを感じることがあるかもしれません。期間工は期間限定で働くため、過酷な労働でくじけそうになっても「あともう少し頑張れば終わる!」ことを励みに頑張れるのも魅力です。

おすすめ関連記事

サイト内検索

新着記事

クボタの期間工として働くなら、人材派遣会社の活用がおすすめです。優良な人材派遣会社は高収入な求人を多数取り扱っているほか、あなたのスキルアップをサポートしてくれます。 ここでは、クボタ期間工
続きを読む
今回は、期間工の求人情報の見方や、注目すべきチェックポイントについて紹介します。期間工は、一般的なアルバイトなどと比較して高収入が期待できます。主に製造工場での仕事が多いですが、実際にどのよ
続きを読む
「デンソーで期間工として働いてみたい」 「期間工は人材派遣会社を経由した方がよいのか」 このようにお考えではないですか。 期間工には、直接応募と人材派遣会社経由での応募があります。期間工とし
続きを読む