工場・製造業の期間工(期間従業員)におすすめ!口コミで人気の人材派遣会社ランキングを紹介します。

期間工とは?仕事内容や待遇などについて徹底解説!

公開日:2021/08/01  最終更新日:2022/11/16


「期間工に興味があるけれど、実際はどんな職種だろうか?」と思っている方向けに、ここでは期間工の基本的な事柄をまとめました。メリットや仕事内容、始める前の心構えについて書いています。そして、デメリットについても記載しているのですが、安心してほしいのは回避する方法があること。とくに「まとめ」に述べたので、ご注目ください。

期間工とは?

「期間従業員」とも呼ばれる期間工は、あらかじめ区切られた期間で契約を結ぶ労働者のこと。契約社員の中でも、工場など製造現場で働くケースを差します。

■期間工を選ぶ労働者のメリット

期間工の魅力は、まず時給の高さです。このことは、期間工以外の契約社員の求人と比べれば明確でしょう。次に住むところに困らないこと。多くの期間工の求人は、寮が備わっているケースが多いため勤務地に縛られることはないので、ほぼ体一つで向かうことができます。寮費は格安もしくは請求されないケースも多く、光熱費も不要という求人も見つけることができるでしょう。

そして大手企業が多いこと。きれいな現場で働くことができるうえ、ブラック企業はまずないため、残業代や夜勤手当がカットされることはないでしょう。正社員同様、各種保険に加入できるうえ、勤務開始から6カ月後には有給休暇が付くでしょう。

■期間工を選ぶ企業側のメリット

自社の繁忙期・閑散期に合わせて、雇用を調節できることです。忙しい時だけ期間工を雇用することで、固定費を大幅に削減できます。

期間工の仕事内容

自動車や航空機、電子部品などの製造現場で、オートメーション作業を行うことがほとんどです。工場で働くのが初めての方は不安を感じるかもしれませんが、作業自体は熟練を要するものではないため、数多くの未経験者が期間工として活躍しています。

入社前に行われる健康診断

血圧や血液・尿検査、胸部X線、心電図など、一般的な健康診断と変わらないチェックが行われます。ここで求められるのは一般的な生活に支障がない程度の健康状態のため、とくに気負う必要はないでしょう。

入寮時の持ち物

寮には家具や家電がそろっているため、基本的に身一つで向かえばよいのですが、シャンプーや石鹸、歯磨き、衣類用洗剤、下着、私服など、最低限の生活用品は必要です。

通勤面でもメリットあり

寮を選べば多くの場合、職場まで徒歩圏内なので、通勤に電車や車を使う必要はありません。通勤で時間や体力を消耗することがないため、大きなメリットといえるでしょう。ただ、ご自宅からの通勤を希望するケースでは、交通費が支給されないケースもあるので注意が必要です。

休日の過ごし方

社員さんと同じ条件で、休日を取ることができるケースがほとんどです。有給はもちろん年末年始など、職場が長期休暇に入る期間は休みになるうえ、その間は寮で過ごすのもご自宅へ帰るのも自由です。

残業・夜勤はしなければならない?

忙しい時期に募集されるのが期間工のため、残業・夜勤があるのは一般的です。もちろん手当は付くため、少しでも稼ぎたいという方には向いています。ただし、のんびりと仕事をしたいという方には向いていないかもしれません。

期間工の待遇はよい?

見てきた通り、期間工の待遇は決して悪いとはいえません。中でも大手企業の工場なら、コンプライアンスは遵守されるので、いわゆるブラック企業とは比べ物にならない待遇のよさを感じるでしょう。しかし、決してメリットばかりではないのが期間工、デメリットもあるのです。

スキルなどが身に付きづらい

とくに熟練が必要な仕事を行わないのが期間工のため、雇用期間を通じて得ることができるのは、かなりよいとはいえ賃金だけ。仕事を通じてスキルを得たり、人間関係を築いたりすることは難しいかもしれません。ただ仕事の目的がまとまった金額を得ることだったり、人間関係にわずらわしさを感じたりすることが多いなら、期間工は最適な雇用形態といえます。

期間終了後が不安

雇用期間が終わってしまうと職場との関係は途切れてしまい、仕事と住むところの2つを同時に失います。継続して収入を得続ける必要があるならば、また職探しから始めなければなりません。

休日が暇である

職場が工業地帯にある場合は、寮の周囲には食事をするところや娯楽施設はないので、休日には暇を持て余すかもしれません。逆に考えるとムダ使いを減らすことができるため、お金が貯まるともいえます。

まとめ

上で書いたデメリットのうち「休日が暇である」こと以外のデメリットは、カンタンに回避できます。方法は勤務先と直接労働契約を結ぶのではなく、人材派遣会社を通じること。スキルアップやキャリア形成を念頭にプログラムを組んでいたり、期間終了後は次の勤務先を見つけてくれたりするうえ、ブラック企業への派遣も避けることができます。期間工として安定して働き続けたいと考える方に、ピッタリのシステムが人材派遣会社なのです。

おすすめ関連記事

サイト内検索

新着記事

期間工という働き方は、短期間で稼げることから人気があります。雇用期間は数か月から1年という単位で区切られており、商品の一時的な増産や納期が短い生産に対応するために募集しているケースがほとんど
続きを読む
期間工とは、短期間のみ特定の工場で働くのことを指しており、賃金が高いのが特徴です。その一方で、期間工をしている傍らで副業はできるのでしょうか?今回は、期間工は副業できるのかという点のほか、お
続きを読む
期間工は、給料が高いことが特長として挙げられます。給料以外にも、入社すると祝い金や期間満了金などが貰えるという大きなメリットがあるのも注目すべき点です。それ以外の特徴として、期間工は寮生活と
続きを読む
期間工コラム