工場・製造業の期間工(期間従業員)におすすめ!口コミで人気の人材派遣会社ランキングを紹介します。

「満了金」ってなに?満了金の仕組みについて知ろう!

公開日:2021/12/15  最終更新日:2023/06/13

満了金は、簡単に説明すると「契約満了時に支給される手当」です。期間工として働く場合の契約期間は、3ヶ月か6ヶ月をひとつの周期としています。この期間を満了後に支給されるのがこの満了金です。一般的企業のボーナスのようなものとイメージしてよいでしょう。これからその仕組みについても説明していきます。

満了金はいつ・いくらもらえるの?

満了金の名称について、トヨタは満了慰労金と満了報奨金、ホンダは満了一時金など、メーカーによって微妙に文言が変わってきます。多くの場合、出勤した回数によって支給額が変動してきます。また、大きく違うのが設定されている金額です。半年で40万円以上にのぼるところもあれば、数万円だけであったり、あるいはまったくないメーカーもあります。

■満了金は3ヵ月・6ヶ月単位の金額にするとわかりやすい

まずは何よりも「いくらもらえるのか?」が一番のポイントとなります。求人ページには、1回の契約期間の支給額が書いてあったり、最長○年〇月まで務めた場合の総額が書いてある場合があったりとまちまちです。

わかりやすいのは契約期間として多い3ヶ月か6ヶ月の額に対して計算することです。とはいえ、メーカーによっては長期勤務すればするほど満了金の割が上がることもあったりします。その場合、最初は低額でも、半年後、1年後には高額になっている場合もあるので気をつけましょう。

■皆勤手当も重要

メーカーによっては、満了金のほかにも高額の手当がつく場合があります。もっとも代表的なのが皆勤手当で、ひと月あたり24万円支給されることもあり、収入に大きくかかわってきます。このような特別手当によって月々の給与が高額になることもあるので、あわせて着目するとよいでしょう。

■満了金のもらいやすさも大事

多くの場合、支給の条件が定められています。出勤率〇%以上、〇日未満の欠勤などがあり「満了金のもらいやすさ」にかかわってきます。どれだけ高額でもその条件が高いと満額もらえないこともあります。また、支給のタイミングは、多くの場合3ヶ月、6ヶ月の既定の契約期間満了時です。例外として中には退職金のように退職時点でまとめて支払われる場合もあります。

期間工として働く場合どんな税金がかかるの?

期間工として働く場合、どんな税金がかかるのかを解説します。

■期間工として働く場合に知っておきたい税金のこと

工場勤務で期間工として働く人にとって税金とは?迷われている人もいるかと思います。雇用保険や社会保険、所得税などの税金は、月収入から天引きされる形となって振り込まれます。住民税や所得税は前年度の収入によって支払う金額も決定されます。

収入が多いほど、支払う住民税や所得税の金額も高くなります。期間工は危険がともなう仕事を任されることが多々あり、勤務時間中に怪我をしてしまう可能性が非常に高いです。そういうわけで、労災保険の方にも絶対に加入手続きをしておきましょう。

一般的工場の場合、加入できるようですが、劣悪な工場では労災保険加入手続きをしないこともあるようです。社会保険制度は医療費が一部自己負担で加入でき、雇用保険は失業してしまった場合の保障がある大切な保険です。働き始める前に、それぞれの保険について必ず確認しておくことをおすすめします。

■慰労金は税金の対象になるの?

慰労金は税金の対象となるのでしょうか?結論として慰労金は所得対象となるので、課税の対象となります。これは2011年の税法によって退職所得にあたると定められました。したがって求人募集に書いてある慰労金の全額が支払われるわけではないことを念頭に置きましょう。

税金は給料を含む手当を合わせた全額から控除されます。控除されたその税金は年末調整によって精算された後、払い過ぎてしまった税金は12月の給与と共に支給されます。一部、住民税は普通徴収という本人の住所へ直接振り込み用紙が届く場合もあります。住民税が普通徴収の場合は年に4回支払う義務があるため、あらかじめ確認しておきましょう。

■期間工として働くときの注意したいポイント

工場勤務の期間工として働く場合、寮に入るため家賃が無料といった有難い福利厚生のある現場がたくさんあります。特別手当で給料の手取りが非常に多いことも期間工として働く魅力のひとつといえます。

ただ契約更新されなければ、もちろん無職となってしまいます。勤務期間に支払っていた税金は、自己負担となるので、働き始める前に税金について知っておくことが大事です。

期間工労働者として年間に多額の給料を支給されていた場合には、いかなる事情でも次年度に多額の住民税を支払わなければならないことも知っておきましょう。社員登用制度がある会社であれば、積極的に登用制度を活用することも賢い選択のひとつです。

満了金は課税対象になるのか

満了金は課税対象であり、税金や保険料が引かれてから支給されます。たとえば1番わかりやすいトヨタの場合、最初の6ヶ月の満了金が390,400円で更新していくごとに少しずつアップしていく仕組みになっています。そのため、最初の6ヶ月の時の満了金で見ると税金や社会保険料を差し引いて33万円ほどの手取り額となります。

 

満了金とその仕組みである税金について解説してきました。せっかく働いて得た満了金が税金の支払いによって減ってしまうのは残念ですが、平等にすべての人に引かれているので仕方ありません。税金を引かれても、まとまった額が入るのが満了金なので、どのように使うのかをしっかり考えていきましょう。

った方はこの派遣会社がおすすめ!
Man to Man株式会社
Man to Man(マントゥマン)のメイン画像

Man to Man(マントゥマン)は、自動車や航空系の案件を多数取り扱っている人材派遣会社です。有名・大手企業の案件も非常に多いため、工場や製造業で期間工として安定した収入を得たい人におすすめです。

寮付きの工場ワークの案件もかなり豊富なので、寮完備の求人を探している人も自分の求めていた理想的な求人に巡り合えるでしょう。また即面接対応で、面接の前にはコンサルタントが面接指導を行ってくれるため、面接があまり得意ではなくても問題ありません。

おすすめ関連記事

サイト内検索

新着記事

期間工という働き方は、短期間で稼げることから人気が ・・・
期間工とは、短期間のみ特定の工場で働くのことを指し ・・・
期間工は、給料が高いことが特長として挙げられます。 ・・・
期間工コラム