工場・製造業の期間工(期間従業員)におすすめ!口コミで人気の人材派遣会社ランキングを紹介します。

期間工の面接で採用されにくい人の特徴とは?

公開日:2021/08/15  最終更新日:2022/11/16


さまざまな手当・待遇が受けられるのが魅力の期間工ですが、誰しもがなれるというわけではありません。企業が希望する条件に適していない場合には不採用になってしまいます。そこで、この記事では期間工の面接に採用されにくい人や不向きな人の特徴について解説していきます。これから期間工を目指す人は、ぜひ参考にしてみてください!

健康状態がよくない人

期間工は体力を使う仕事が多いことから、第一に求められることは心身ともに健康状態であることです。そのため、健康状態が悪い人や心身に何か問題を抱えている方は不採用となってしまうケースが多いです。期間工の業務の多くは製造ラインで体を動かす仕事が多いため、身体的に丈夫であることを求められるのはもちろんですが、単調な作業で神経を使うことも多いことから、単調な作業に耐えられる精神的な強さも同時に求められます。

■太りすぎの人も要注意

工場で働くのに支障をきたしてしまうほど太りすぎという方も要注意です。選考面接後に行われる健康診断では、肥満度指数(BMI)と呼ばれる体重と身長から算出される肥満度を測る診断があります。このBMI(肥満度)の数値は22が標準とされています。仮に健康診断であなたのBMIが30以上を超えてしまった場合には、期間工として採用されるのは難しいかもしれません。

転職回数があまりにも多い人

期間工としてだけでなく、一般企業に就職する際にもいえることですが、転職回数があまりにも多すぎる人は要注意です。基本的にどのメーカーを見ても応募資格の欄に「3か月以上勤務可能な方」と記載されています。採用する企業側としても採用活動、研修、寮の準備、各種手当など多大なお金と時間をかけて採用者を迎える用意をするわけですから、入社してからすぐに期間工を辞められてしまっては、それらすべてが無駄になってしまうためたまったものではありません。そのため、転職回数が多いという方は「この人はすぐに辞めてしまうのではないか?」と面接官にマイナスな印象を与えてしまうので、採用されるのは難しいでしょう。

■何回までなら大丈夫?

転職回数が多いと聞くと「どのくらいの回数から危ないの?」と気になる方も少なくないのではないでしょうか。しかし、メーカーや面接官によってもその基準がそれぞれ異なるため、「この回数までの転職回数なら大丈夫」という明確なボーダーはありません。

仮に、転職回数が多くて不安だという方でも、転職回数が多いことに対して明確な理由があるという場合やそのことについて面接官に尋ねられた際に、しっかりと受け答えができるという自信があるというのであれば、一度面接を受けてみる価値はあるかと思います。

■職歴がない人も注意

転職回数が多いという方も要注意ですが、反対に一定の年齢に達しているのにもかかわらず、働いた経験がないという方も不採用にされてしまうことがあります。

上記でも述べましたが、採用する企業側としては「心身ともに健康な状態で3か月以上しっかりと働いてくれる人」を新たな人材として迎え入れたいと考えています。ですので、職歴がない人も転職回数が多いという人と同様に、何らかの理由ですぐに辞めてしまう恐れがあるため、面接官から採用することにリスクがあると判断されてしまう可能性が高いです。

しかし、職歴がない人が今まで一度も期間工になれなかったというわけではありません。面接は期間工としてどれだけやる気があるのかを面接官に伝えることができるチャンスでもあるので、職歴がないからといってすぐに諦めるのではなく、まずは挑戦して自分のやる気や熱意を面接でアピールしてみましょう。

入れ墨がある人

タトゥーや入れ墨を入れているという方は基本的に採用されません。その理由としては、タトゥーは未だ「悪」というイメージが根強く浸透しており、タトゥーを入れていることで反社会勢力の人間だと判断されてしまったり、企業のイメージダウンにつながると懸念されてしまったりと、企業側にマイナスなイメージを与えてしまうからです。

面接時にタトゥーを入れているのかを聞かれるため、中には入れてないと噓をついて隠したまま働いているとい方もいるそうですが、健康診断や寮の入浴場などで見つかってしまう可能性も高いです。タトゥーを入れたまま入社したことがわかってしまった際には、その時点でクビになってしまうということを覚悟しておいてください。

最近では、ファッションやおしゃれの延長としてカジュアルにタトゥーを入れることも多いため、中にはオシャレでタトゥーを入れてしまったが、期間工として働きたいという方もいるかもしれません。「タトゥーを入れているけどどうしても期間工として働きたい」という方は、数こそ少なくはなりますがタトゥーや入れ墨がOKのメーカーもありますので、噓をついてタトゥーNGのメーカーを選ぶのではなく、そちらのメーカーに入社することをおすすめします。

 

ここでは、期間工の面接で不採用となってしまう人の特徴についてそれぞれご紹介していきました。採用されない人の主な特徴や事例について説明しましたが、採用基準はメーカーごとに異なるので、今回紹介した特徴の人が必ずしも採用されないということはありません。中には基準が緩めなメーカーもあるので、あまり気負いせず、まずは「期間工として働きたい!」という熱意を面接でしっかりと伝えることを意識してみてください!

った方はこの派遣会社がおすすめ!
Man to Man株式会社
Man to Man(マントゥマン)のメイン画像

Man to Man(マントゥマン)は、自動車や航空系の案件を多数取り扱っている人材派遣会社です。有名・大手企業の案件も非常に多いため、工場や製造業で期間工として安定した収入を得たい人におすすめです。

寮付きの工場ワークの案件もかなり豊富なので、寮完備の求人を探している人も自分の求めていた理想的な求人に巡り合えるでしょう。また即面接対応で、面接の前にはコンサルタントが面接指導を行ってくれるため、面接があまり得意ではなくても問題ありません。

おすすめ関連記事

サイト内検索

新着記事

期間工という働き方は、短期間で稼げることから人気があります。雇用期間は数か月から1年という単位で区切られており、商品の一時的な増産や納期が短い生産に対応するために募集しているケースがほとんど
続きを読む
期間工とは、短期間のみ特定の工場で働くのことを指しており、賃金が高いのが特徴です。その一方で、期間工をしている傍らで副業はできるのでしょうか?今回は、期間工は副業できるのかという点のほか、お
続きを読む
期間工は、給料が高いことが特長として挙げられます。給料以外にも、入社すると祝い金や期間満了金などが貰えるという大きなメリットがあるのも注目すべき点です。それ以外の特徴として、期間工は寮生活と
続きを読む
期間工コラム