工場・製造業の期間工(期間従業員)におすすめ!口コミで人気の人材派遣会社ランキングを紹介します。

気になる!期間工の年収はどれくらい?高いって本当?

公開日:2021/07/15  最終更新日:2022/11/16

期間工の仕事に興味を持ち始めて、その年収が気になるという方も多いでしょう。「期間工は稼げるって聞くけど実際どれくらいなのかな?」「高いっていうのが本当なら貯金はどれくらいできるだろう?」そんな疑問を持っている方もいるはずです。今回はそんな方のために期間工の年収について、特別な手当なども含めて解説をします。

期間工の平均年収

それでは早速、期間工の平均年収から確認しましょう。期間工は3か月ごと、あるいは6か月ごとといった具合に契約を更新していき、同じ場所で働ける期間は最長で35か月となっています。

その給料はメーカーによって時給制の場合もあれば日給制の場合もあるでしょう。時給制で大体1,200円前後、日給制で大体10,000円前後に設定されていることが多いです。もちろんどんなメーカーに勤めるかにもよりますが、残業や休日出勤などをした分は手当が加算されるため、月収で換算すれば300,000円から350,000円ほどの間で稼いでいる人が多いようです。

平均的な年収は4,300,000円ほどとされているため、年収に関しては比較的高い職業でしょう。有名なメーカーや大手のメーカーになるほど期間工として勤める人の待遇も上がるため、高収入を期待できるでしょう。お金を稼ぐことができる分、仕事内容や環境などはキツイと感じる人が多い傾向にありますが、「とにかく今お金が必要」という方や「将来の夢のために貯金をしたい」という方は、積極的に検討してみましょう。

年収は高いが、大幅な昇給はない

期間工の平均年収に関して知ったところで「これって本当に高いの?」「一般的な働き方と比べてどうなの?」という疑問を持った方もいるのではないでしょうか。ここではそんな方のために、期間工の年収に関してもう少し具体的にみていきましょう。

期間工は前段でも解説したとおり、同じ場所で働ける期間が最長でも35カ月と限られています。そのため、一般的な企業の正社員のように年数に応じて昇給していくというようなことは望めません

どのような職場で働くかによっても変動しますが、20代であれば期間工の年収のほうが高く、30代であれば同じか期間工の方が少し低いくらいになるのが一般的のようです。「緩やかでもいいから昇給していく働き方がしたい」「貯金よりもキャリアを積むことを優先したい」という考えがあるなら、期間工以外の職業を目指した方がいいかもしれません。

しかし、期間工を選択することには給料以外のメリットも存在します。まず、生活費が抑えられることです。期間工にはさまざまな手当が用意されていることが多いため、貯金したい方であれば目を見張るものがあるでしょう。そもそも、正社員として採用されたとしても大幅な昇給にいたるまで続けていけるかどうかは別問題です。

また、学歴や経験が必要ないという点も魅力です。これまでの活動に自信がない人でも優良なメーカーに採用される可能性は充分にあるため、このようなメリットにも目を向けてみましょう。

期間工に手当はある?

期間工にはさまざまな手当が用意されていることも多いです。これが、一般的な企業で働く人と比べても年収が高くなる要因の1つでもあります。ここでは最後に、どのような手当があるのかについても確認しましょう。

まず、多くの企業が採用している手当として挙げられるのが入社祝い金です。入社祝い金はその名の通り、期間工として入社したことによって発生するお金のため、給与とは別に受け取ることができます。その額は当然メーカーによって変動します。200,000円程度のところもあれば500,000万円ほどが受け取れるところもあるため、仕事を選ぶときのポイントにしてもいいでしょう。

また、決められた期間を勤めあげることによって、満了祝い金が支給されるメーカーも存在します。こちらは正社員のボーナスのように長く働くほど増えていくこともありますので、仕事検討時には注目しておきたいですね。

この他にもメーカーにより、手当はさまざまなものが導入されています。たとえば生活に関する手当です。格安あるいは無料の寮に住める、光熱費の負担をしてもらえるなどの手当があるところは多く、加えて食事手当のある仕事に採用されれば生活費を極限まで抑えることができるでしょう。

皆勤者に贈られる手当や経験者に贈られる手当を用意しているところもあります。より稼げる期間工を目指すなら事前に各種手当についても調べておきましょう。

 

期間工は年収が高く、充実した手当も望める働き方です。大幅な昇給はありませんが、その分短期間で稼ぎたいという方にはぴったりでしょう。生活費なども抑えることが容易な期間工は、何らかの目標のために貯蓄をしたいと考えている方などにもおすすめの働き方ではないでしょうか。人材派遣会社を通せば採用率にもいい影響が出るため、期間工として働きたいなら製造業に強い派遣会社を選んで登録してみましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索

新着記事

期間工という働き方は、短期間で稼げることから人気があります。雇用期間は数か月から1年という単位で区切られており、商品の一時的な増産や納期が短い生産に対応するために募集しているケースがほとんど
続きを読む
世の中にはさまざまな働き方があり、正社員以外にも契約社員、派遣社員、アルバイトやパートなどがあります。働いていると何らかの方法で税金が徴収されますが、期間工という一定期間雇用される働き方の場
続きを読む
ホンダ期間工の仕事が気になるけれど、おすすめできる求人なのかと気になる人もいらっしゃるかと思います。そこで本記事ではそんなお悩みを払拭すべく、ホンダ期間工の給料や寮生活、面接について解説しま
続きを読む
期間工コラム